大人の男女が恋愛ですべき行動・会話・テクニック

posted in: Uncategorized | 0

結婚して数年立つと、どうしても浮気の虫が騒ぎ出す昨今、家に帰って育児家事に疲れた妻の顔を愛しいと感じながらも、どこかでもう一度あの頃の様な情熱的な恋愛をしてみたいと思った事はありませんか?
もし少しでも思うなら、この必須事項は読んでおいて損はないです。

アナタが情熱的な大人の恋愛を取り戻す必須事項あれこれを紹介します。

1.接近編
 とにもかくにも意中の人と、まずはお近づきにならなければ話になりません。

気になる相手へのさりげないアプローチでの注意点は、あくまで下心は見せない。

当たり前のようですが、既婚者であるアナタについて、相手が警戒していると言う前提で動いてください。

愛情が理性を上回り、既婚者でも構わずついて来ると思ったら大間違いです。

アナタがとんでもないイケメンだったり、お金持ちだたりしない限り、女性は自己防衛本能が働き、下心を見せる相手に対しては、二つの顔を見せます。

一つは拒絶。

もう一つは利用できる相手か探るのです。

こうなっては情熱的な恋愛ではなく、ただの徒労に終わったり、ひいては社内に変な噂を立てられることでしょう。

だから、アプローチは慎重に、なのです。

いきなり食事に誘ったり、デートに誘うなどはもってのほか。

まずは社内で相手の仕事をフォローする位から初めましょう。

そこで機知に富んだ会話を楽しみ、昼のランチくらいから徐々に距離を縮目ていくのが得策です。

2.交際編
 意中の方と仲良くなっても、直ぐにこちらから肉体関係を持ち出してはいけません。

まだまだアナタは相手に取って仲の良い会社の上司もしくは同僚です。

更に行ってはいけないのが、アナタが相手よりも上であると認識させることです。

ただの火遊びで、セフレが欲しいだけならばそれもありですが、そうではなく情熱的な恋愛を楽しみたいのならば、我慢も必要。

自分を上に見せるために、高級なディナーや、ブランド物を送ったりすると恋愛感情よりも、利用価値を計算してしまう女性もいるからです。

3.会話編
 会話で注意しなければならないのは、とにかく仕事の自慢話。

相手の苦労を配慮して経験からアドバイスするのは構いませんが、ただの自慢話など聞きたい人はほとんどいません。

どちらかと言えば相手の不満を聞いてあげる存在になりましょう。

 もう一つは、相手に恋愛感情を持たせるのであれば、妻の話や子供の話は厳禁です。

誰しも面倒だと判っている恋愛は忌避したいもの。

いくら好意があっても、いちいち現実を突きつける相手に恋愛と言う甘い夢を見ることは出来ません。

以上1~3を心構えにしていれば、好機は必ずきますので、諦めずチャレンジしてください。

Leave a Reply